So-net無料ブログ作成

噂の光造形3Dプリンター「G3D T-1000」とりあえず使ってみた。 [3Dプリンター]

噂の光造形3Dプリンター「G3D T-1000」とりあえず使ってみた.png
みなさん。
大変お待たせしました!!!!!

噂の光造形3Dプリンター「G3D T-1000」についてその後多くの問い合わせ、コメントをいただき、ありがとうございました。
前回の記事はコチラです。
G3D-T-1000を開封レビュー.png
いかんせん探り探りで、そもそも光造形が初だったせいか、かなり手こずった。

スポンサーリンク



ソフトの使い勝手が...

まずスライサーソフト?といったら良いのか、G3D T-1000では独自ソフトの「G3DLayout」を使ってパーツのレイアウトやらサポート、その細かいパラメーターを設定する。言わばレイアウト機能とスライサー機能が入った専用ソフトであるが、使い勝手が少し変わっていて、「G3DLayout」ではお馴染みの「.STLファイル」をまずレイアウトを確定し「.G3Lファイル」というファイルに変換する。その「.G3Lファイル」を読み込みスライサーをかけ最終形態としては「.G3Dファイル」となる。

SQUARE1.png

またスライサー処理は全てCPUに頼っており、CPU負荷100%が10分以上続くこともしばしば。この辺り、拡張子をオープンソースにすればもっと軽いソフトも生まれてきそうな気がするが...

ソフトの出来が悪いのか自分が無知なだけか知らんが、とにかくFDM方式で使用していた「Cura」や「RepetierHost」とは訳が違うのだ。日本語化は愚か、サポート(支柱)も一本一本手作業で立てていかないとダメ。。。
まぁこの辺りは今後のアップデートに期待することとしよう。

「G3D T-1000」の基本的な造形方法は下部から上方向に向かって赤外線が照射され透明バットに入ったレジン液が硬化するといった仕組みである。ビルドプレートとレジン液の隙間はちょうど一層分の隙間となるように一層一層、硬化をしてはプレートが上に持ち上がり、レジン液が次の層に入り込むような動作をする。初期層および各層での硬化時間は調整可能だ。

なんやかんや言ってもとりあえず、形にはなったのがコレ
SQUARE2.png
何って訳ではないが、四角や丸など、基本的な形状を出力し、寸法のズレ積層面の確認などを行った。
「G3D T-1000」ではZ軸(高さ方向)を最小7.5μmで造形できる。分かりやすく言うと髪の毛の1/10程度の表現が可能なるということ。ちなみにXY軸(横&奥行き)は175μmが最小精度である。

例えば以下のデータのような側面に高さ1mmほどのアルファベットの羅列も印刷は可能となる。
少々見にくいが、てかめちゃくちゃ見にくいがしっかりとサイドにアルファベットが印刷されている。
SQUARE3.png

さすがにFDM方式でこの印刷は不可能だろう。またネジや六角穴などもそこそこの精度で出力は可能である。
SQUARE4.png

またレジンは研磨性にも優れておりご覧の通り研磨すれば表面はとても綺麗に仕上がる。
SQUARE5.png

こんな感じでとりあえず形にはなった。...が、ここまで来るのには実はかなりの労力と苦労を費やしている。
ここからは具体的に本機のネガティブポイントを上げていこうと思う。

スポンサーリンク


苦労その1

ビルドプレートに着かない

FDM方式の3Dプリンターでいう「ステージ」にあたる部分が光造形の場合は「ビルドプレート」と言い、造形時は接着面が下側にくる。つまり宙吊りされた状態で造形されていく。FDM方式の時では味方となった重力もここでは敵と化してしまう。普通の四角でも途中で剥がれてしまい何度か失敗に散った。
解決策は大きめの基礎(G3DLayoutではFoundationという項目)を着けてやること。またはSTLデータ自体に基礎を設けてあげること。単純にビルドプレートとの接着面を増やせば今のところ成功する確率は上がる。
SQUARE6.png
苦労その2

造形中に確認ができない

FDM方式の3Dプリンターであれば、ステージはオープンで常に造形物を確認でき、なにかトラブルがあればすぐに停止し次の行動に移れたのだが、「G3D T-1000」ではそれがほぼ不可能に近い。とくにトラブルの多い初期層はレジン液に邪魔されて造形中のブツは完全に見えない。
解決策は透明のレジン液を使用すること。試してはいないので確かでないが、今使用しているの赤色レジンよりはマシだと思う。
ただし、光造形で照射する紫外線は人体に有害で目視した場合、最悪失明の危険も潜んでいるので確認する際はくれぐれも保護メガネ等の安全具は忘れずに!

苦労その3

レジン液は結構臭い!

あの独特な臭い...耐えられないわけじゃないけど結構臭い。有害ではないが換気したほうが無難。
ただし使用するレジンによって臭いも様々なよう。


苦労その4

造形後の洗浄、後処理が大変

レジン液は油に似た性質で水で洗ってもなかなか落ちない。筆者の場合は食器用洗剤、且つお湯を使用して造形物やバットを洗浄ている。マニュアルによると「イソプロピルアルコール」を推奨していた。

ただしこのイソプロピルアルコールってやつ、揮発性&可燃性がスッゲー高いので取り扱いには十二分に注意が必要だそう。筆者は怖くて使ってません...

また洗浄する場所にも注意が必要。日中の屋外で洗うと残ったレジン液が紫外線で硬化してしまうのだ!

使用後の余ったレジン液は本来であればザルでこして再びボトルの中に入れておくのだが、最近はメンドくさくなってバットにレジン液を入れたまま、このようにブレードを液面につけて更にラップで包んで保管している。今のところ、この方法で問題なく使用が可能だ!
SQUARE7.png

...で実際どぉーなの?

みなさんが気になるのはココですよね。実際に使えるのか否か。使えたとしてもDIYレベルなのか業務レベルなのか、といったところだが、今のところ筆者の技量ではDIYレベルにも達していないというのが正直な感想である。ただコレは使う人の技量と本プリンターを使う人が増えてコミュニティーが生まれれば、技量の共有化も可能になるため決して諦めたわけでもない。むしろ形になった時点で、モノにした感はあったし、今後も長い付き合いで本機のノウハウを当ブログで紹介していきたいと思う。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

sisyphus

初めまして!
私もT-1000購入致しました・・が不具合が連続しまして、(一度解体修理まで行い)やっと何となく印刷が出来る状態になりました。
しかしかなり玄人向けのプリンタですね。
予算に余裕があるならTitan2やForm2を購入した方が遥かに幸せになれそうです。
ラズパイ上で動作するファームとスライサの完成度が低く、ブラウザで動作するソフトも不安定で
四苦八苦状態でした。せめて専用ソフト位は作成して欲しいと思っております。
樹脂に関しては悪くは無いと感じました。私、違う分野で樹脂に関してノウハウがありましたので硬化後の処理は簡単な方だと感じました。
波長405nの二次硬化後に一時間ほどIPA(100%)に漬ける事でべた付きは取り除けます。
VATの偏向フィルムが弱すぎるのも大きな問題です。フィルムのみ別売りして貰える様に掛け合ってみます。

総合的には「価格なり」かな。と感じます。
Beanも購入したのですが、余裕で負けそうな気がしてならないです。
by sisyphus (2017-12-02 15:50) 

taku

sisyphusさん
T-1000ユーザーからのコメント嬉しい限りです。
やっぱりソフト弱いでよね...
樹脂ノウハウ勉強になります。今後も情報共有宜しくお願いします!!

Bean調子いいんですか!?ウラヤマシイ...


by taku (2017-12-03 23:04) 

sisyphus

taku様
返信が遅くなり申し訳御座いませんでした。

T-1000ですが、何とか安定して印刷が出来るまでになりました。
セールス担当のCiara氏に掛け合ってみた所、以下の事が分かりました。
・VATフィルムのみは販売不可
・新型VATは来月入荷予定?
・G3DLayoutの大量のバグ対応には消極的
・クリアレジン入荷済み

フィルムは色々探してみましたが、かなり高額なので大人しくVATを購入した方が良さそうです。

G3DLayoutについては
・4K環境で画面表示に問題がある
・サポートをデリートするとその後のサポートが一度モデル表示タブに戻さないと取り付けられない
・CPU負荷が高すぎる(スライサ)
等・・

機械的な部分ではキャリブレーション直後のビルドプレートとVAT底面のテンションの強さが、アナログ的な方法でしか調整できない事が大きな問題です。調整にはZ軸の軸の長い上下用棒ネジ付け根に付いている、タクトスイッチ用プッシュロッド(L字形のネジ止めされた黒いパーツ)で調整します。これが曲者でミリ単位の微妙な調整が必要です。
またVAT底面のシートの劣化が進むと造形時にVAT底面への癒着力が強まり、VATが傾斜する時に「バリバリ」という音を発するようになります。(音が発生しても問題ない筈(?)です)
癒着力が強まるとZ軸のモーター上部に取り付けられているカプラに負荷が掛かりますが、問題ない範囲です。

・・と、ここまで来るのにかなりの苦労がありました。何回も分解してしまった程です。
分解して解ったのですが、コストダウンの為に結構無理してる部分が何箇所かありました。

Beanが来たらお蔵入りになりそうな予感がしますねw
Twitterでプリンタについてツイートしていますので、宜しければご覧下さい。
ID:sisyphus19800


by sisyphus (2018-01-20 15:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。