So-net無料ブログ作成

【強度が心配!?】ハンガーポールのブラケットをDIY [製作例]

ハンガーポールブラケット.png
ホームセンターに行かずとも、欲しいものが手に入る。
それが言わずと知れた「3Dプリンター」だ。

今回は我が家のシューズクロークにハンガーポールを取り付けたいと思うのだが.....。
そのためには、当然ポールと壁を固定する「ブラケット」が必要となる。
今回はこれを3Dプリンターで作っちゃおうという訳だ!!!

スポンサーリンク



強度は大丈夫か!?とりあえずブラケット製作開始~

まずは3D CADでモデリング。
僕が愛用しているのは「SketchUP Pro」。Pro版でなければ、無料でダウンンロードできるので、興味のある方は使ってみて下さい。直観的な操作でとても使いやすくおススメですよ~☆


ポールブラケット_モデリング.png
この程度であれば、ほんの3分程でモデルは完成する。

市販されているブラケットはネジ穴が3箇所だが今回は4箇所にした。
さらに、ポールを包む袖の部分の長さもチョイ長めに変更だ!!
このように自分仕様にカスタマイズできてしまうのも3Dプリンターの良いところ!

スポンサーリンク


市販品が"ステンレス"に対し自作品は"プラスチック"と根本的な貧弱さは否めないが、とりあえず取り付けて使ってみないと分からない。
微かな抵抗として塗りつぶし密度を普段の10%から30%にパワーアップし造形開始!!!!

完成後はこんな感じ!!!
ポールブラケット_完成.png

......2ヶ月経過。

ポールブラケット_使用中.png

見ての通り、まっっっっったく問題なく使用できている。。。というか馴染み過ぎだろ—————
みなさんも、ポールのブラケットが無いときは是非3Dプリンターを買うべし!!!

今回使用したフェラメントはコチラ

スポンサードリンク

今回の設定
◆プリント時間1時間20分
◆レイヤー数66層
◆フィラメント長さ4.9m
◆フィラメント種類PLA
◆ヘッド温度 / ヒートベット温度195℃ (195℃) / 80℃ (80℃)  ※()内は一層目の設定値
◆積層ピッチ0.3mm (0.4mm) ※()内は一層目の設定値
◆塗りつぶし密度 / パターン30% / ハニカムパターン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0